かせ
ておりやについて
  • ておりやのおもい
  • 「かせ」へのこだわり
  • 「糸」へのこだわり
  • 店主プロフィール
  • ておりやへのアクセス
「かせ」とは、

糸を使いやすくするために“巻いて”毛糸玉にする前の束ねて留めた状態のままのものをいいます。
巻く手間がかかる分、糸を手でしっかりと確かめられる、昔ながらのカタチです。編んでる途中で結び目をつくらなくてすむ、などの調整も自分でできます。
織物・編み物の前に、まずは糸を手繰り、自分の手で触れて、その糸を“体感”してみる、そんな昔ながらの手仕事の楽しみを大切にしていただきたい、ておりやのこだわりです。

糸の「なぜ?」「なに?」について、もってお知りになりたい方は、ておりやオリジナル季刊誌 “te.”にて特集しています。
te38
かせ
「ておりや」は日本でも数少ない手織り用品の専門店です。 皆様の豊かなウィービングライフをサポートします。